夏祭りと言えば?について

トップ画像

夏祭りと言えば?

夏祭りと言えば、やはり屋台ですね!
今回は夏祭りに食べたい屋台についてご紹介しますね。
まず、屋台というのは様々な種類がありますが、食べ物から確認していきます。

□焼きそばは鉄板?
夏祭りの屋台と言えば数々の食べ物がありますが、中でも鉄板なのが焼きそばと言えます。
どこの夏祭りでも必ず一度は確認しますね!
アツい鉄板の上で香ばしい香りを漂わせる焼きそばはオススメです!
それに、量が多いのに対して、価格が安いというのが良いところですね。
屋台というのは若干高い食べ物が多いので、男性にはピッタリです!

□ラムネ
ジュースを販売している屋台もあります。
そこでオススメなのが、夏祭りにピッタリのビー玉も入ったラムネ!
子供から大人まで大人気なのですが、手がべたつかないようにビー玉を取り出す時は注意しましょう!
その他にも色々ありますが以上、夏祭りでオススメの屋台でした!
ちなみにわたがしも夏祭りっぽくて良いですね!

一つだけじゃない?!夏祭りの目的

夏祭りとは、主に7月上旬から8月下旬の間に行われる日本の祭りのことです。9月以降に行われるものでも、旧暦の7月に行われるものは夏祭りとして扱われます。春祭りは豊作祈願、秋は収穫への感謝、冬は新春祝いや町おこし目的の祭りが多い中、夏は地方と都市でその目的が異なります。まず人口の多い都市部では、夏に疫病が流行しやすく神の祟りとされていた為、疫病退散を目的としたものが多く見られます。一方、地方の農村部では、夏は害虫被害の最も多い季節で悩まされていたため、「虫送り」といって病害虫を追い払う目的のものが多いです。また台風や洪水など天候にも農作物の生育が大きく左右されてきたことから「台風除け」など天候安定を願う目的ものもあります。また「お盆」に由来して、あの世から亡くなった人や先祖の霊を呼び祀る目的のものは地方・都市関係なく全国的にみられるものです。夏祭りのイベントとしてよく行われるものに盆踊りがあります。その名の通りお盆の時期に霊を供養するほかに、地域社会の結束を固めたり、娯楽としての目的も持っています。祭り広場の真ん中に建てられたやぐらの周囲を周りながら踊るのが一般的な形式で、伴奏音楽は「音頭」と呼ばれることが多く、各地にご当地音頭が多く存在します。かつては夜通し行われていましたが、最近は深夜を過ぎることは少なくなってきています。ほかによく行われるイベントに花火大会、屋台、山車、祭囃子などがあります。

pickup

ボンテージの通販ロフトプラネット

額縁やポスターフレームの販売ならギャラリーアートビジョン

ロレックス・デイトナなどの高級腕時計とアクセサリーの専門店

探偵事務所 東京

テーブルクロス